LEARN ABOUT PHGはじめに知る、プレミアホテルグループ

プレミアホテルグループ

01 | HOTEL BUSINESSケン・コーポレーショングループのホテル事業

高級不動産に強みを持つ、
ケン・コーポレーショングループのホテル事業を担う。

ケン・コーポレーショングループの優位特性KEN CORPORATIONGROUP ADVANTAGE CHARACTERISTICS

「貢献を先に、利を後に」
高いホスピタリティと幅広いソリューションが、信頼のKENを築く。

ケン・コーポレーションは、首都圏における外国人向け高級賃貸住宅の仲介から事業をスタートしました。
現在では、賃貸・売買の仲介から、企画コンサルティング、住宅およびオフィスビルの運営管理、
賃貸事業等、高級不動産の総合シンクタンクとして、独自の視点で事業に取り組んでいます。
さらに、KENグループとして、不動産関連事業をはじめ、国内外のホテル運営やメディア・エンターテインメント事業など、多角的に事業を展開しています。

ケン・コーポレーショングループのプレゼンスKEN CORPORATION PRESENCE

KEN ケン・コーポレーション

高級不動産マーケットのパイオニア。
圧倒的1番の実績と認知度

首都圏エリアを中心に、富裕層をターゲットとする顧客基盤を確立。
高級物件を中心とする管理戸数が約17,000室を越える。

PREMIER HOTEL GROUP

外資系ブランドのホテルを含み、所有直営・FC方式での
約8,000室規模の展開は国内トップクラス!

ホテル事業を本格的にスタートさせたのは2000年から。
20年足らずで国内・海外含め現在32ホテル(約8,000室)を超える展開規模に。
外資系高級ブランドも自社運営で扱える、「世界基準に則した質の高い運営力」が強み。

KEN

“世界トップクラス”の音楽専用アリーナ
「Kアリーナプロジェクト」

2万人規模の大アリーナを自社で開発・所有・運営まで行うのは日本で初めて。
アリーナに隣接するホテルは、外資系トップブランドを取り入れ、自社で運営していく。

02 | THE FUTURE OF THE HOTEL INDUSTRYホテル業界の未来

日本文化への高まる関心、拡大するインバウンド需要。
今、ホテル業界が熱を帯びる。

  • [訪日外国人客数の推移 ]
  • [圧倒的なスピード展開 ]

東京オリンピックをはじめとした国際的なイベント誘致、アジアからの訪日外国人観光客増加に伴い、
日本の宿泊産業は経済成長の重要な原動力となっている。

03 | POSITIONINGプレミアホテルグループのポジショニング

ホテルのサプライヤーであり、直営の事業者。
一気通貫できるから、早く、高品質。

ホテルには、「所有」、「経営」、「運営」、「ブランド」という4つの要素があり、賃貸方式や、マネジメント契約方式など、さまざまな運営形態が存在します。
プレミアホテルグループは、この4つの要素すべてを自社で管理し、運営することで、早い意思決定と、質の高いサービス・オペレーションを実現しています。

プレミアホテルグループのポジショニング

04 | HISTORYプレミアホテルグループの歩み

プレミアホテルグループの歩み プレミアホテルグループの歩み プレミアホテルグループの歩み プレミアホテルグループの歩み

05 | BUSINESS FIELD事業フィールド

国内23ホテル(4,036室)、海外9ホテル(3,970室)。
延べ、8,006室のプレミアムが、地域を、旅を、魅了する。

国内23ホテル(4,036室)
海外9ホテル(3,970室)

06 | DATA データで見るプレミアホテルグループ

データで見るプレミアホテルグループ

Next Contentこのコンテンツを見た後は

  • 違いを知る、プレミアホテルグループ

    DIFFERENCE IN PHG違いを知る、プレミアホテルグループ