代表取締役社長 佐藤 繁

国際基準を超えるホテルを展開する
唯一無二の存在として。

 ホテル業界に今、追い風が吹いています。日本政府が“観光立国日本”を掲げ、ビザの緩和を行い、また、政府と企業が訪日外国人の誘致を積極的に展開したことにより、外国人旅行者の数は年々増加。2018年には3,119万人となりました。政府は2020年に4000万人、2030年に6000万人まで伸ばすという目標を立てており、この勢いは止まることはないでしょう。
 日本は北から南まで約3000キロに渡って、非常に豊富な観光資源を有しています。そして、さらなる大きな魅力は、世界の中でも誇れる日本の“おもてなしの心”と、世界の人たちが驚嘆する日本の食文化です。    
 しかし、こうした日本が持つ魅力を高いレベルで提供できるホテルが不十分であるのが現状です。日本のホテル業界はビジネスホテルを中心に発展してきたこともあり、とりわけ富裕層向けの高級ホテルが不足しています。これでは外国人旅行者に真の喜びを与えることはできません。
 そうした中、国際基準を超えるホテルを企画、開発、運営しているのが、プレミアホテルグループです。私たちは独自ブランドでのホテル展開に加え、ハイアット、ヒルトンなど世界の名だたるインターナショナルチェーンホテルの運営も行っています。そのすべてに共通するのが、“最上級のプレミアム”の提供。日本でこれほどのスケール、高いレベルでホテルの企画、開発、運営を展開しているホテルグループは他にないと自負しています。
 直近でも国内外において高級ホテルの開業を次々と予定しており、2020年春には、横浜で初めてのハイアットブランドとなる「ハイアット リージェンシー 横浜」、グアムで最上級のラグジュアリーホテル「The Tsubaki Tower(ザ ツバキ タワー)」を開業予定。また、2022年夏には、沖縄県本島南部エリア初の本格ビーチリゾートホテル開発プロジェクトである「(仮称)PIC琉球ホテル&リゾート」を開業予定。2023年に古都金沢においてデスティネーションホテルを開発・開業する「(仮称)金沢尾張町ホテルプロジェクト」も展開中です。ケン・コーポレーショングループの事業として、横浜みなとみらいにおいて、複合施設をつくるプロジェクトも始まっています。このプロジェクトは音楽アリーナ、インターナショナルブランドホテル、オフィスビルからなり、特に音楽専用アリーナは収容人数2万人と世界最大規模を誇り、世界からトップアーティストがこのアリーナヘ訪れるでしょう。
 これらのプロジェクトを筆頭に、これからもホテル業界の先頭に立って、日本のホテルの飛躍的なレベルアップを図り、より一層、外国人旅行者にご満足いただける“日本”にしていきたい。それが私たちの使命です。

代表取締役社長 佐藤 繁

安定した経営基盤のもと、
新しいことにチャレンジできる喜びがある。

 プレミアホテルグループは、首都圏における高級賃貸マーケットのパイオニアである株式会社 ケン・コーポレーションを始め、国内外のエグゼクティブから厚い信頼を得ている「ケン・コーポレーション グループ」の一員です。豊富な資金力のもと1兆円資産を目指していく会社であり、その安定感は群を抜いています。
 そうした盤石な経営基盤のもと、世界基準で闘っていく。しかも、従来のホテル事業の常識にとらわれず、新しいホテルビジネスやサービスをダイナミックに展開していきます。そのために求めているのは、情熱を持って仕事に向き合い、自らの能力を高めていける人材です。
 ホテルは一つのカンパニーと同じ。そこには、やりがいのある膨大なポジションがあります。そして、これから日本の中心的産業になるホテル産業を牽引していく当グループにおいて、チャレンジするフィールドは広大であり、チャレンジするチャンスも豊富。そうした環境の中で働くことで多くのことを学び、成長していくことができます。また、当グループは家族主義的経営を掲げており、安心して長く働くことができ、自信を持って自分の子どもを入社させたいと思えるような会社でありたいと考えています。
 採用の条件はただ一つ。人を“おもてなし“することによって、自分が喜びを感じる人であること。そこに自信がある方は、男女・学歴問わず、当グループの門を叩いていただければと思います。
 最後に学生の皆さんに伝えたいのは、人生100年時代、自分の年齢が70歳になるまで働けるような産業をぜひ選んでほしいということ。ホテル産業は間違いなくその一つですし、プレミアホテルグループはそのトップの存在だと自信を持っていえます。

代表取締役社長 佐藤 繁

Next Contentこのコンテンツを見た後は

  • ケン・コーポレーショングループの新規プロジェクト
    ケン・コーポレーショングループの新規プロジェクト

    MAJOR PROJECTSケン・コーポレーショングループの新規プロジェクト