営業本部

加藤 桜Kato Sakura

2015年入社

PROFILE

ケン不動産リース㈱に入社後、ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄にて、ホテル現場の様々な仕事を半年間にわたって経験。2016年より、本社にてホテル会員向けの宿泊予約業務の従事。2017年4月よりマーケティング・PRチームに異動。2017年6月より現職。

全ての経験が次のキャリアの糧になる。

もともと非日常の空間が広がるホテルに行くことが好きで、高校生の頃からそのような空間をつくりだす仕事がしたいと考えていました。そして就活の時期を迎え、ホテル開発を手がける会社を探している中で出会ったのが当社です。当時、ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄の開業が決まっていて、今後もどんどんホテルを開発していくと聞き、私の希望にぴったりだと感じ入社を決めました。
ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄では、ハウスキーピングやレストランなど様々な仕事を経験。客室一つをつくりあげるのもノウハウがあり、時間がかかることを知るなど、現場の仕事の大変さと面白さを肌で感じることができました。次に異動したのはホテル会員の宿泊予約対応を行う部署。ここでは当社が運営する全てのホテルについての知識を得ました。これらの経験は全て現在の私の仕事の糧になっています。

自ら考え実行した施策で成果をあげる達成感。

現在私はホテルの宿泊売上の把握と分析、改善提案や、OTA(オンラインのトラベルエージェント)の整備やプロモーション、施設公式サイトの改修を行う部署に所属し、関西エリアのホテルを中心に11施設をチームで担当しています。毎日のルーティンは、各ホテルから送られてくる予約件数やキャンセル件数などのレポートを元に統計資料を作成し、宿泊売上の把握と分析を行うこと。それに基づいて、宿泊売上を最大化するために、各OTAの客室料金設定の変更、サイトの写真や文言の変更など、具体的な施策を立て実行します。達成感を覚えるのはその施策が功を奏して成果が上がった時です。例えば、基本的な概要しか掲載していなかった「京都山科 ホテル山楽」のWEBサイトを、お客様にホテルの魅力が伝わるよう全面的に作り直した結果、サイト来訪者が増え予約増加につながったのもその一例。作り直すにあたって、現地を訪ねて総支配人の話を聞き、ホテル施設内や客室を確認し、さらにホテル周辺の調査も行って魅力を十分に把握し、それらをサイトに反映できたことが、成果につながったのだと思います。

課題を乗り越えた先に、つかみたい夢がある。

今の課題は宿泊売上の分析と改良提案です。例えば、ある時期に予約が殺到している際、「何が要因で予約が増えているのか」また、「今後も増えるのか、あるいはここがマックスなのか」などを分析するのが難しく、それがわからない限り、客室料金もどう動かしていいか判断できません。「その時期に何かイベントがあるのか。エリア内の他の施設の予約状況はどうなのか。マスコミで伝えられた情報が需要を喚起しているのか」など調べるべきことは多岐に渡りますが、いつもその調査に時間がかかってしまうのが難点。これから経験を積むことで分析のスピードや精度を上げていきたいと考えています。
今後の目標は、ホテルの開業に携わること。開業を控えているホテルがたくさんあり夢が膨らみます。今、「お客様がホテルの何に魅力を感じるのか、また、ホテルの魅力をどうお客様に伝えるべきか」を追求していることがきっと開業に携わる上で大きな糧になると思っています。

OTHER INTERVIEW

ホテルの成長とともに
自らの実力が高まる喜び。

檜山 詩織Hiyama Shiori

2013年入社

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄
総支配人室 マネージャー

本当のサービスとは
人と人の間にある。

平岡 賢人Hiraoka Kento

2012年入社

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート
ディレクター オブ セールス&マーケティング

お客様満足を実現する原動力。
それはともに働くスタッフの幸せ。

阿部 直樹Abe Naoki

2015年入社

ハイアット リージェンシー 横浜
開業準備室 主任