ハイアット リージェンシー 横浜
開業準備室 主任

阿部 直樹Abe Naoki

2015年入社

PROFILE

ケン不動産リース㈱に入社後、プレミアホテル 門司港のフロントに配属。以来、宿泊営業予約課、営業企画室でホテルのあらゆる業務を経験し、2017年4月に主任へ昇格。2019年12月より現職に至る。

難易度の高い仕事に挑む中で、
実感する成長。

入社後配属されたプレミアホテル 門司港での5年間で、フロントデスク業務、宿泊営業、レベニューマネジメント業務、宿泊・料飲のマーケティング、全館の予算実績管理のアシスタント業務、客室リノベーション、ウェディングプロデュースまで、ホテル内のあらゆる仕事を経験。一つひとつ新しいことばかりで、しかも高いパフォーマンスが求められ、少しも気持ちが緩むことはなかったですね。それぞれの仕事に必死に食らいつき、時には手痛い失敗もしながら乗り越えていくたびにやりがいを感じ、また自分の成長を実感しました。未熟な私に仕事を任せて、様々なサポートをしてくださった総支配人にはとても感謝しています。
そうした中で深く考えるようになったのはホテルでともに働くスタッフの幸せです。ホテル経営にはスタッフそれぞれの生活がかかっています。だからこそ長期的に経営が安定する仕組みをつくらなければと思うようになりました。この思いはその後、仕事に取り組む上での私の大事なテーマになっています。

目標を共有できなければ、
うまくいかない。

現在私はハイアット リージェンシー 横浜 開業準備室に所属し、2020年5月下旬の開業に向けて様々な業務に取り組んでいます。開業を成功させ、その後の経営を安定させるための業務であれば何でもする。それが私のスタンスです。その中で最も重要な役割は、総支配人が目指す方向性や考えを一緒に働くメンバーに伝えることです。トップとミドル、それを支えるスタッフが目標を共有できていなければ、スタッフはやりがいを持てず、ホテルの組織はうまくいきません。いくらブランドや建物が素晴らしくても、料理が美味しくても、スタッフが楽しく仕事をしていないところにはお客様は集まらない。それが私の持論です。そのため、業績を上げることを前提として、その上でスタッフの幸せをどうつくるかに注力しています。とはいえ、一人ひとりのスタッフと目標を共有し、それぞれの業務で成果を出してもらうのは簡単なことではありません。それだけに、何度も話し合いを重ねてお互いの思いが通じた時は本当にうれしいし大きな手応えを感じます。

常に考えることが
止まらない楽しさ。

開業に関わる業務は、ハイアット担当者との関係構築から、ホテルのシステムの構築、スタッフ採用、客室の備品調達、パンフレットやWEBサイトの作成、旅行代理店との交渉、地元の企業への営業まで多岐に渡ります。同時進行でいろんなことを考えなければなりませんが、プレミアホテル 門司港で培った全ての経験をベースに、「こうしよう、ああしよう」と考えることが止まらないことが楽しいです。開業に向けてスタッフが増えていく中で全員に伝えたいのは、ホテルで働くことの素晴らしさです。しかし、私一人では伝えられないので、同じ気持ちになれる人を育てるのがこれからの仕事だと思っています。
これまで働いていて感じる当社の一番の魅力は、「この人のために働きたい」と思える人がたくさんいること。私もいつか、「阿部のために…」「阿部と仕事ができてよかった」と思われる人になりたいですし、それが目標です。

OTHER INTERVIEW

ホテルの成長とともに
自らの実力が高まる喜び。

檜山 詩織Hiyama Shiori

2013年入社

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄
総支配人室 マネージャー

仕事のテーマは、
ホテルの魅力をどう伝えるか。

加藤 桜Kato Sakura

2015年入社

営業本部

本当のサービスとは
人と人の間にある。

平岡 賢人Hiraoka Kento

2012年入社

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート
ディレクター オブ セールス&マーケティング